2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.22 (Fri)

ゲームについて

久々の更新がこんなんですいません。

なんかわからんが急に語りたくなった。

今日はゲームについて。

///////////////////////////////////////////////////////////

「最近のゲームは面白くない」

そんなことを思った人はいないだろうか?

私もそう思う。その理由もある。



心にグッっとくるゲームがない!!



なぜか考えてみる。。。



ゲーム業界最大のテーマ。

ゲームは売れなきゃ意味がない!

そこで企画人は考える。どうすれば売れるのかと

その答えが

①キャラで売る     ②数を出す



前者は言うまでもない。近代ゲームはキャラで売る。

ほとんどのゲームがこれにあたる。

美麗絵師と有名CVを雇う方法と、人気アニメ(一部ドラマ)をゲーム化する方法とがある。

どちらにせよ。まずは見た目をこだわる。

これは仕方がないこと。

見た目が良くないと(買う)人は興味を示さない。


パッケージ買いして後悔した人へ どまんまい




問題なのは後者

たとえばTシリーズを出している某Nメーカは

新作が店頭に並ぶ時

次回作はテストプレイ段階(ほぼ完成状態)で

次次回作は製作途中といわれている。

すごいときは次次次回作は企画段階だったりする。


プログラムは電子データ。簡単に量産、複製ができてしまう。

これがシリーズ化の原点。

数を出すというのは金があれば物理的にはどのゲーム会社も可能。

1本作ってしまえばプログラムはほとんど変えず、

外面を変えて売る。

外面は絵師やCVを雇うので完全外注。

ひどい言い方だが事実である。



量産可能だからこそ回転率を上げようとする。

したがって難易度が落ちる。

加えてゲームユーザーが低年齢化したことが拍車をかけている。



人気ゲームの無限リリースは

システムの微調整だけで

ミニゲームや図鑑といったおまけ要素にたよる。

ハード移動での話題作りなんてひどい話だ。



ま。固定ユーザーはこれで納得するからいいけどね。。。

何故心にグッっとくるゲームを作ろうと思わないのだ?



日本、いや世界の産業業界は高速生産・消費になってしまった。

ゲーム業界に関してはこれが悪い方向に進んだと思う。

面白いゲームはないのかしら;ω;

【More・・・】

//////////////////////////////////////////////////////////////
おまけ1

途中外注ということを言ったけど

じつはプログラムも外注。

販売会社は一部部署で企画を考えるだけ。

ようは売れれば良いのだ。

うらなきゃ潰れるからね;

だから完全趣味で作っている同人ゲームは純粋に面白いと思う。

東方・ひぐらし万歳!!!

//////////////////////////////////////////////////////////////
おまけ2


悪い方向に進んだと書いたけど、

いい方向に進んだこともある。


それは単純な技術力


昔のゲームに比べて話の内容は大差ないけど

映像や音声はすさまじい進化を遂げた。

ゲームボー○イカ○ーが出たときのあの感動は今でも忘れられない・・・・
スポンサーサイト
20:33  |  自論  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tsukikannmuri.blog47.fc2.com/tb.php/57-e0200e42

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。